憧れていた、自転車をおける玄関

音楽スタジオからレジデンスにコンバージョン(用途変更)をすることになった物件。 解体工事が済んだあとは、きれいさっぱりです。 スケルトンの物件を見ると、これからどんな部屋になるのか、妄想がふくらみ、とてもワクワクしますね! そして、今回はこんなプランになりそうです。 なんと! 広めの玄関に自転車を置けるじゃないですか!いやー、これは自転車好きにはたまりませんね。 私も、ロードバイ…

続きを読む

時代の流れとともに、用途変更

都内のマンションの一室 30年間、音楽スタジオとして使用されていたお部屋が退去しました。 30年前、事務所仕様の空室をテナントさんが音楽スタジオに用途変更され、 30年経ち、今度は音楽スタジオを解体して住居へ、また用途変更していきます。 時代の流れに合わせて、用途が変わっていくのですね。 さて、解体が6割ほど済んだとのことで、部屋のプランニングのために現地確認。 …

続きを読む

見上げてみると・・・

繁忙期も峠を超え、この時期からは物件巡回の季節です。 これから梅雨、夏のゲリラ豪雨、台風と断続的に雨が多くなるので、 雨漏り関係や外壁・屋根の状態は気になります。 そんな物件巡回ですから、どうしても建物を見上げては、写真を取り、ウロウロ徘徊するのですが、 たまに入居者さんと出くわし、変な顔をされます。 「こんにちは!!」と元気よく反応し、安心感を提供します! (逆効果なの…

続きを読む

空室対策で「モデルルーム」

分譲マンションを見学するとき、必ずモデルルームを見せられます。 一緒に見に行った奥さんが「まぁ素敵~!」と盛り上がり、気づけば契約してた・・・。このような購買パターンは、やっぱり多いように思います。 殺風景な空室をオシャレに演出することで、内見した人に「素敵な生活を送るイメージ」を持ってもらい、結果、成約率が高まる! これは賃貸物件において同じで、モデルルーム化することは有効な空室対策…

続きを読む

繁忙期のタイミング

おかげさまで、今年の繁忙期は稼働率が好調です! ありがとうございます^^ その要因はさまざまありますが、代表的だったのは、 販促キャンペーンの内容と、そのタイミングが上手くハマったことでした。 繁忙期の空室対策はタイミングが重要です。 反響数と稼働率は正の相関で、反響の多い12月~2月に稼働率を高めることが、年間稼働率に大きく影響します。 ※弊社の反響数と…

続きを読む

【ここまでお読みいただき、ありがとうございます!】