コロナ禍と収益不動産価格への影響

JREITではちょっと痛い思いをしています。まずは、そんなJREITの動きから見てみると、
2020年2月末時点で2000円を超えていた東証JREIT指数は、3月19日には1145円まで下落し、現在(2020年5月18日時点)は1600円弱で推移しています。

【東証JREIT指数の推移】 SBI証券WEBサイトより引用

図101.png


リートの時価総額の推移をアセットタイプ別に見てみると、ホテル系の落ち込みが目立ちます。

一方で物流系・住居系のリートはそうでもないようです。


【2月末を基準としたJREITアセットタイプ別の時価総額の推移】JREIT.COMのデータを基に作成

図102.png


私たちの賃貸管理の現場でも、そんな状況で、私たちのような住居系とは比べ物にならないくらい、オフィスやホテル関係の事業者さんからは大変な状況を伺います・・・。


次に、リートはさておき、個人が買うような収益アパート・マンションの推移はどうか。収益物件のポータルサイト「楽待」さんに掲載されている物件を見てみると、

【収益物件の利回り(掲載物件ベース:東京)】楽待レポートのデータを基に作成

図.png

「利回り上昇=物件価格下落」であるので、1棟マンションは何となく価格が下落しているように見えるが、まだまだ横ばいかなという印象。
まだコロナによる物件価格への影響はでていないようです。

しかし、景気の先行きも暗く、一部のアパート販売業者などは既に土地の仕入れをストップしているようです。
これから収益不動産価格が下がると考えている投資家さんも多いと聞きます。

この記事へのコメント

【ここまでお読みいただき、ありがとうございます!】