不動産コルサルティングマスター2018

11/11は不動産コンサルティングマスターの試験でした。

試験会場は上智大学。
0FF92C2C-B35D-4BC9-BDB9-C38E36FD81A8.jpg

試験は午前と午後の2部制で、
午前は四者択一式50問(2時間)
午後は記述式(2時間)
午前100点+午後100点=200点満点で、
例年115〜120点がボーダーラインです。

休日の朝に家を出て夕飯時の帰宅となりますので、ある意味精神的にヘビーな試験です。


試験の内容は、まさに普段やっている提案業務に近く、不動産コンサルティングを目指すものとしては取っておくべき資格といえます。


学習方法は、ズバリ過去問です。

過去問3年分を3回解くという王道パターン。
出題傾向は例年似ているので、過去問だけで合格できそうです!
A0E98B68-2EFB-48C1-84A2-689136E485FC.jpg

本当は、テキストの内容も実務に役立ちそうで、しっかりと見ておくべきですが、なかなか自分をそこまでのモチベーションに持って行くことが出来ず、

過去問3年分×3回×(選択問題2時間+記述問題2時間)=36時間

で試験に臨みます!


いざ受験してみると、

午前は予想通り、ある程度、過去問ベースの内容で割と順調にすすみ良い感触!
午後は、表紙をめくり1問目から「あれ?過去問で予想していた傾向が違うぞ!?」
「やってしまった。テキストを見ておけば良かった…。」という感じでしたが、周りの人たちの顔つきと手が止まってい様子から、全く私と同じ心境なのでしょう。

解答速報は、以下のサイトで確認できます。
択一式は本日11/13の16時から、記述式は11/20から



この記事へのコメント

【ここまでお読みいただき、ありがとうございます!】