まるで隕石・・・

台風24号、凄かったですね・・・。

家のそばの街路樹はご覧の通り


台風の前後は、強風によって看板や木の枝が落下してくる可能性があり、注意が必要です。
昨日、横浜のビルでは台風翌日の強風で看板が落下し、通行していた方が犠牲になったそうです。


私たちの管理物件でも、いくつも被害がでていまして、

建物や駐輪場の屋根が飛んだり、へし折れたり、

屋上に置いてあったエアコン室外機が落下したり、

周囲の建物から屋根瓦が吹き飛んできて、ガラス屋外壁が破損したり・・・

DSC_7320.jpg
1Fベランダの窓ガラスを突き破って瓦が飛んできています。


外壁もご覧の通り、
DSC_7323.jpg

瓦が、まるで隕石のようです。

あんなに硬くて重たいものがたくさん飛んでくるなんて・・・。

恐ろしすぎます。


これらで怪我をされた方がいなかったことは不幸中の幸いです。


各物件で、早速保険申請などを進めていますが、保険会社も今回の台風でかなり立て込んでいるようですし、
また、修理業者さんも忙しそうですので、早めの依頼しないと復旧に時間を取られそうです。



それにしても、最近の異常気象は想像を超える被害も多く、頻繁におきている気がします。
万が一、事故が起きた時のために、建物の保険はしっかりと加入していないといけませんね。


そして、事故が起こさないために「予防メンテナンス」がとても重要ですね。

物件の巡回点検を行う際には、平常時における建物や設備の劣化状況の調査に加え、
「可能性は低いけど、もし大型災害が来たらどうなるかな?」というように想像を膨らませながら、【非常時】を想定した調査も必要ですね。

この記事へのコメント

【ここまでお読みいただき、ありがとうございます!】